商品発送を外注するタイミングはいつがベストか?


インターネット物販を実践していくにあたってまず最初にぶつかるのが商品発送の壁です。

実際物販ビジネスでは商品が売れて売り上げ上がると本当に嬉しいものではありますが、それと同時に誰もが頭を悩ますのが発送業務に時間がかかるということです。

仮に1日に商品を10個発送するとなると十個梱包して伝票作成して出荷しなければなりません。この作業はどんなに慣れている人でも最低でも30分以上かかってしまうでしょう。

梱包発送は物販で一番最初に外注するべき!



この物販ビジネスを実践するにあたって一番の悩みである発送業務ですがこれは皆さん共通の悩みですので発送代行業者というものが存在します。

発送代行業者では商品の保管から商品の梱包発送まで様々な業務をあなたに代わって代行してくれます。

しかし当然ながら手数料というものは発生しますので自分で作業をした場合に比べてどの程度時間が削減できてどの程度の経費がかかるのかということをしっかりと見極める必要があります。

と言っても物販ビジネスをある程度軌道に載せている人はほぼ例外なく発送代行などのサービスを利用してると思います。もしくは自社でアルバイトなどを雇って発送業務をやらせていると言うケースが考えられるでしょう。

いずれにしても商品の梱包発送を全て一人でやり続けている人というのはほとんどいないと言っても過言ではありません。つまり物販ビジネスで売上を伸ばしていくには必ず通らなくてはいけない関門であると言えるでしょう。


発送代行のメリット



物販ビジネスで大事なのはどのような商品を販売していくかのリサーチや、季節性の商品であれば季節ごとにどのような商品を販売するかの企画などビジネスの運営にあたってあなたが注力すべきことは他にたくさんあります。ですので単純作業である梱包発送業務はなるべく早く自分の手を離れるようにして、物販ビジネスの売上を上げることに専念することが大切です。


物販ビジネスで扱う商品によっては特に衣類や季節ものの家電など季節によって売上発送料が大きく変わる携帯も珍しくありません。俗に言う繁忙期というやつですがほとんどの物販ビジネスにおいては一年に一年を通して12月が一番売り上げが上がる時期であると言えます。逆に売上が下がる時期もありますのでシアで従業員を雇っていると繁忙期には人手不足になり売り上げが下がる時期には人手が過剰になってしまうというような問題もあります。発送代行業者を使えばそのような悩みから解放されますので大量の注文などにも対応できる体制が低いコストで実現できます。

発送代行のデメリット



発送代行のデメリットとしては商品を代行業者に保管してもらうケースがほとんどだと思いますので、顧客対応なや実際に商品を確認してから対応するなどの例外の作業にはなかなか対応が難しいという点があります。。もちろん発送代行業者によってはそのような作業にも対応してくれるところもあるかとは思いますが、今日的には手数料などが発生することがほとんどです。

また完全に発送業務を発送代行業者に丸投げしてしまうと自社で商品の発送のノウハウというものが蓄積されないので万が一自社で発送しなければならないという事態になった場合にも発送業務で手間取る可能性があります。

ANA発送代行業者を使うことによって商品の購入者さんの情報を発送代行業者に渡すことになりますので、顧客情報の流出のリスクというものも考えられます。


発送代行業者に代行してもらえる業務





独自に発送代行と言いましても代行を請け負ってくれる業務は発送代行業者によって様々です。

強敵に発送代行業者では、商品の受入れ入庫、商品の保管管理、商品の梱包作業、商品の発送作業。

この作業が発送代行業者の基本的な作業になります。阿蘇代行業者によってさらに商品の写真撮影の代行ですとか、保管在庫の棚卸、売上管理、決済代行、他の倉庫への納品代行、海外仕入先からの荷受代行、などのサービスがあるところもあります。


ご自身の物販ビジネスに応じて必要な業務に対応している発送代行業者を選ぶ必要があるでしょう。例えばアマゾンの倉庫への納品を発送代行業者に依頼するのであれば、Amazonの納品を代行してくれる発送代行業者を選ぶ必要があります。



実際に発送業務にかかるコストというのは主に人件費そして商品の保管に係る場所代家賃そして梱包にかかる梱包資材の代金そして最終的に商品を発送するときの送料になります。一般的に送料というものは大口契約の方が単価が安くなる傾向にありますので物販ビジネスを小規模で実践されている方は個別に運送業者と契約するよりも発送代行業者に依頼したほうが商品の送料自体は安くなる傾向があります。


これに対して発送代行業者に依頼する場合は業者の手数料また商品の保管料その他オプションのサービスを利用するのであればそれにかかる手数料というものが発生します。しかし基本的に人件費などに関しても発送に関してはスケールメリットというものがありますので発送代行業者を利用した方がご自身でアルバイトなどを雇って発送業務を行うよりも結果的には安くつく可能性が高いです。


また商品の梱包発送と言うと単純作業だと思われがちですが実際にたくさんの商品の発送業務をこなしていくと発送先を間違えてしまうご発送や発送業務を行うアルバイトパートの管理梱包材などの消耗品の発注運送業者への引き渡しなど目には見えないコストやノウハウというものが必要となってきます。



実際にこれらを全て自社で構築するとなると金銭的な費用だけではなく教育にかかる時間的な費用もかかるので実際に発送業務を自社で構築した場合は業務を軌道に乗せるまでにかなり時間がかかってしまう可能性があります。


まとめ




梱包発送業務というのはその作業自体は基本的に誰でもできる簡単な作業ですですのでなるべく早くご自身の手から離れて誰かに平井できる状況を作った方が良いでしょうしかしそれを自社で構築するのはそれなりに費用と時間がかかってしまうものでありますから発送代行業者に発送作業を外注するというのは物販ビジネスを安定的に勝つ成長させていくには必要なことであると思います。